テキトーに生きたい

元社長のプーはまた経営者に復活したいんだよ~

町田で一家は貧乏生活

 

ごきげんよう。未来のプロブロガー、ホリタロです。

なーーーんちゃって!言ってみたかっただけーーー!

 

ごめんなさい。(^▽^;)

 

前回は ↓ 電車ネタに思いっきり脱線しましたが、今回は町田での暮らしを書いていきたいと思います。

 

horitaro1970.hatenadiary.com

 

 

ドリフに出てくるような家だった

 

札幌から町田に引っ越したのは37、8年前のこと…

僕が小学校2~3年生の時でした。この頃はど貧乏でしたねー!

 

札幌にいた時はマンション暮らしでしたが、町田の家は…かなりボロかったです。

壁から隙間風が入ってくるし、雨漏りもするという…

 

雨の日は、ぽたっ、ぽたって、水滴が天井から落ちてきました。

まるで、ドリフの全員集合に出てくるような家でした。

 

きっと、家賃が安かったんだろうなぁ…

 

家の中には、こうろぎゴキブリが走り回り、時にはゲジゲジも…おえっ!

当時の町田はまだ、ちょ~っと田舎だったので、青大将なんかもいましたねぇ…。

 

あとは、ぼっとん便所。汲み取りトイレでした。くせーのなんのって!

道産子が、東京で、水洗じゃないトイレを初めて見ました!w

 

でも、まるで家中がドリフみたいで、楽しかったです。

子供の頃から、貧乏への適応力がハンパなかったようです。

 

 

食事は目玉焼きの記憶しかない

 

きっと、いろんな食事を作ってくれてたとは思うんですが…

なぜか食事は、目玉焼きの記憶しかないのです。

 

大っ嫌い!でしたから…(T_T)

 

半熟だったら良かったんでしょうが、完熟?の黄身がボソボソした目玉焼き。

それに、ほうれん草がたっぷりと挟まっているという…

 

拷問か! (。_゜)☆\バシッ!…タカトシ風で。

 

ほんと、まずかったです。これ、毎日ですよ。

残したらもう、おふくろ、激おこでしたから!

半ベソかきながら食ってました…

 

大人になって…

ホテルの朝食で目玉焼きを食べて感動しました

だって、ウマいんだもん!それから目玉焼きが好きになりました。

 

 

すかいらーくに行くのが夢だった

 

f:id:horitaro1970:20171106003601p:plain

うん、いいね!(~_~;)

 

家から歩いて10分くらいの場所にすかいらーくがありました。

当時はど貧乏でしたから、そんな高級なところには行けません。

 

いつも、すかいらーくを見ては…

いいなぁ!行きたいなぁ!って思っていました。

 

伯母が家に来た時だけ、伯母がご馳走してくれました。

ほんと、うれしかったですね~!

すかいらーくで食べたハンバーグ。美味しかったですよ~!

 

大人になったら、ハンバーグ、たくさん食べたい!

そのためには勉強して、一流の会社に入るんだ!って思っていました。

 

母から、勉強していい会社に入れば、たくさん食べれるよ!

そう、言い聞かされて育ったんですね。

 

大人になって、まさか、母の会社の跡継ぎになるとは…

親子そろって、経営、めっちゃくちゃでしたからねぇ。

最悪な会社でしたね…

 

 

伯母にドラえもんをおねだりしていた

 

僕はドラえもんが大好きでした。

伯母が家に来た時や、叔母の家に遊びに行った時は、いつもドラえもんの単行本を買ってくれました。

 

そのうちに…1冊だけじゃなくて、2冊3冊と…ねだる!ねだる!

伯母も不憫に思っていたのか、2冊、3冊と買ってくれました。

 

そのことを、大人になっても言われましたよ。

「あんたは子供の頃からおねだり上手だったわねー!」って。

 

それを言われる度に、ちょっと恥ずかしくなりました。

 

 

おふくろがガンになる

 

町田に引っ越してから、ちょうど半年くらいたった時です。

おふくろがガンになりました。北里大学病院に入院しました。

 

子供だから絶対に治るって思っていたんですね。

大人たちも大丈夫だよ!って言ってたから。

 

でも、ステージ3で生存率5分5分という…

かなり大変な状況だったようです。

 

手術はかなりの大手術でしたが成功し、その後は無事に退院しました。

しかし、色々後遺症もあって、退院してからも、おふくろはずっと辛そうでした。

 

 

にゃんこを拾ってくる

 

その後、僕はにゃんこを拾ってきました。

ほんと、生まれてすぐの子猫で、目も開かない感じでした。

 

このままじゃ死んじゃう!って思い、家に連れてきちゃいました。

おふくろも、にゃんこが好きでしたからね。そのまま飼いました。

 

名前は「チョン助」です。

なぜこの名前になったかは記憶にございません。(^-^;

 

最初はミルクをスポイトで飲ませました。

大きくなるとマグロ缶しか食べない、とても贅沢な猫になってしまいました。 

 

貧乏家には、チョン助のエサ代が大変だったと思いますが…

それでも、チョン助がいたから、我が家は和みました。

 

f:id:horitaro1970:20171106002019j:plain

↑なんだか背景が悪すぎますね…

 

その後、親父がおふくろに、何と言って言いくるめたは知らないけれど…

札幌に戻ることになりました。親父と暮らすのはでしたねぇ…

札幌に戻ってからは、おふくろも、人が変わった感じになって… 

 

チョン助だけが僕の味方でした…

 

↓コイツでも飼ってみるか…

今日から家族 なごみケーションにゃんこ 電動ぬいぐるみ

今日から家族 なごみケーションにゃんこ 電動ぬいぐるみ

 

amazon

 

楽天

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村